So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ドクメンタ、ミュンスター彫刻プロジェクト、ベネチアビエンナーレ

フランクフルト、カッセル、ミュンスターと、ベネチアを回ってきました。今年はアートイベントの当たり年で、5年に一度のドクメンタと10年に一度のミュンスター彫刻プロジェクト、そしてベネチアビエンナーレが同時に開催されています。

なかでも初めての訪問ということもありミュンスターで行われている彫刻プロジェクトが僕にはとても印象的でした。ミュンスターの特徴として「パブリックスペース」と「アート」について町の立場からもとてもよく考えられているという点があります。実際に歩いてみて、こちらも深く考えさせられました。

http://www.skulptur-projekte.de/
http://ja.wikipedia.org/wiki/ミュンスター彫刻プロジェクト

とくに気に入ったのが初回に創られたドナルド・ジャッドのベンチです。同じような大きな円筒がふたつ斜面に生えており、ひとつは斜面に沿って、もうひとつは地面に垂直に生えているのです。ふたつの円は交わることなく、角度を変えて重なり合っているように見えます。これらがミュンスター郊外を流れる大きな川を眺めるように設置されています。重要なのがこれが「ベンチ」であることです。

僕はここに大勢のひとが座って語らう様を想像しました。彼らはいったいなにを議論しているのでしょう。斜面に沿ったリングは保守的な勢力、重力に垂直に起立するリングは革新的な勢力でしょうか。ふたつのリングは交わらないのですが、離れることもありません。ベンチに立つとお互いの様子をよく見渡すことができ、ときには立場を逆転させて相手の視点で自分たちを見ることも可能です。この場ではどちらの勢力も同じ議題に対して議論し協力して解決の道を探る仲間なのです。異なる意見がぶつかり合い、コミュニケーションと相互理解によって生まれるダイナミズムこそが本当の進歩を生む。僕にはこの彫刻がそう語っているように見えました。

もうひとつ、ホルヘ・パルドの水面に浮かぶウッドデッキも気に入りました。ここで静かにミュンスターという土地と対話するも良し、誰かと対話するも良し、心を無にして自分自身と対話するも良い。ここは様々なコミュニケーションを深く深く行う場所なのでしょう。どちらも建築的なものを選んでしまったのは僕は建築家だから、なのでしょうけど(笑)


建築と言えばもうひとつ。ミュンスターにはボレス/ウィルソンという素晴らしい建築家がいらっしゃいます。恥ずかしいことですがこの地に訪れるまで僕はすっかり彼らのことを忘れてしまっていました。ですが、彼らの設計した図書館を遠くにチラリと見た瞬間、すべての記憶が音を立てるように甦ったのです。

ロンドンのAAスクールの教授として世界的に名をはせた彼らは、いわゆる田舎であるミュンスター(ボレスの故郷でもある)に落ち着き、町のローカルアーキテクトとして根付きました。ミュンスター市立図書館は彼らの処女作ですが、開館1年にして貸し出し数が数百万冊に昇るなど事業としても大成功した図書館として世界的な話題になったのです。(つづく?)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。